Moon Calendar

ohanashikai

月とカヌー こよみのお話会


私たち「月とカヌー」は年間を通して各地で「こよみのお話会」をさせていただいています。私たちが長年こよみと向き合ってきてわかったこと、感じたこと。そしてそれをどのように日常の生活をより豊かなものにするために活かせるかをシェアさせて頂く時間から始まります。それをみなさんと一緒に感じた上で「こよみ」という大きな謎解きにかかります。私たちがこよみに対して感じてきた疑問や不明な点などをまず一緒に感じていただき、それから絵本を読むようにゆっくりと順を追って
謎を解いていきます。参加される方々によってお話は色々な方向へと流れていくので、私たちもお話会の前は「今日はどんな話が出てくるか楽しみだね」と2人で会話をするようなお話会です。

皆さんのご希望があれば、(できれば)全国どこへでも行き、気持ちをシェアできる時間を持ちたいと思っております。もしそのようなイメージをお持ちでしたらとりあえずご連絡ください。すぐに実現できるかは私たちにもわかりませんが、いいタイミングがやってくるような気がします。

詳細は下に記す通りとなります。

月とカヌー「こよみのお話会」 月の暦を作り続けてきた「月とカヌー」の2人による暦(こよみ)を通して世の中の仕組みにせまるお話会です。
日々を過ごす中「世の中ってなんとなくこうなんじゃないかなぁ・・・」と思っている「なんとなく」を暦を使って読み解いていきます。

>>>>> 時間の流れ >>>>>>>

●第一部 「こよみのよみ方」 (1時間30分、スライドを見ていただきながらのお話です。)
「はからめ月のカレンダー」を通して、古くから伝わる暦をわかりやすく解説します。 月と地球と太陽の関係、月の満ち欠けと潮汐の関係、他、土用、六十干支、九星など、 一見難しそうに見える暦をひとつひとつ、成り立ちから説明していきます。 また、私たち「月とカヌー」の福島の山で生活する姿を紹介しながら暦と共に生きるとはどのようなことなのかを考えていきます。

●休憩(食事やお茶タイムなど)

●第二部 「こよみの謎をとく」(1時間30分)
第一部の内容を知っていただいた上で「こよみ」という大きな謎解きにかかります。私たちが「こよみ」に対して感じてきた疑問や不明な点などをまず一緒に感じていただき、それから絵本を読むようにゆっくりと順を追って謎を解いていきます。誰もが手に取ることができる「こよみ」から宇宙の仕組み、物事の本質にせまります。

(イベント後の交流会など大歓迎。)


料金
上記「こよみのお話会」を開催するにあたって、月とカヌーは参加者1人につき1500円を頂戴いたします。ので主催者さま側で経費や食事代を上乗せしました料金を参加費としてください。
また、私たちが現地に向かう交通費に関しては、一律の金額を決められないので、別途相談させてください。その時のタイミングで色々と変わってきます。できるだけ主催者さま側のご負担が少ないようにしたいという気持ちのもと相談させていただきたいと思います。
※私たち月とカヌーの2人の休憩時間にとる昼食・お茶・夕食などにかかる料金は主催者さま側でご負担いただけると助かります。(特に交通費をいただかずに開催させていただく場合はよろしくお願いいたします。)

●プロフィール
「月とカヌー」鈴木匠・よし子
福島県の南部、
塙町の山のなかで暮らす。今、この現代を真剣に楽しく生きるための暦の制作など「月」のこと、そして過去と現在と未来を繋ぐ「水」の上をゆくカヌーに乗って自然の中に身をおく提案など「カヌー」のこと。それらを通して、なぜ私たちは今、この世界のこの時代のこの場所で生きているのかということを探求しつづけている2人。