暦のお話会

暦のお話会 2018年1月15日(月)

那須塩原市にあるヴィーガンレストラン「HIKARI SHOKUDO」で月の暦のお話会を開催させていただきました。
1月15日は小正月、女正月ともいわれます。
ご参加してくれた男性が、「帰郷した際に母から1月15日は女正月だと教えてもらいました。正月は女の人は忙しいから15日になってから女性がゆっくりと過ごせるお正月があるというのはいいですね。今日はそんな日なんだなあと思ってまわりを見ると、僕以外参加しているのはみんな女性ですね。」と話してくれました。
暦のお話会
第一部と第二部構成で、第一部では暦の解説、元になる五行思想についてスライドを用いて説明させていただきました。昼食はHIKARI SHOKUDOさんのヴィーガンランチをみなさんといただきます。デザートはローチョコレート。ハイビスカスのパウダーを使ったローチョコレートはほんのりと甘酸っぱくて感動しました。
第二部ではなぜ暦が作られたのか、暦は誰が作ったのかという観点からものごとの本質を考えてみる話をさせていただきました。

現在この国のほとんどの人が用いている暦はグレゴリオ暦と呼ばれる暦です。かつて日本が使っていた暦は太陰太陽暦と言われる暦で、今では旧暦と呼ばれています。旧暦は常に新月はじまりなので15日はほぼ満月となります。かつての小正月は新年最初の満月の日になります。女正月とは満月の日に女性が集って行っていたのかと思うとちょっとワクワクしますね。

そんな素敵な日に暦の会を開いていただき感謝です。
暦を通して、みなさまに素敵ないいことが訪れますように。


関連サイト HIKARI SHOKUDO

 


手帳、まだまだ製作中

月のカレンダー&手帳 2018年1月11日(木)

はからめ月のカレンダー&月の手帳は節分まで販売しています。
近所のお店の販売が終わってしまった、売り切れてしまっていた等で手にされていない方、
info@hacarame.comまでご連絡いただけましたら、2月3日の節分までは作ってお送りさせていただきます。 2018年、素敵ないいことが訪れますように。
鏡開き
1月11日は鏡開きです。
松の内が開けたらお供え、お飾りを片付けますが、この鏡開きという言葉は日本人らしい言葉ですね。割るではなく開くという言葉を使うなど、言葉に魂が宿ると考える民族らしい新年の風習だと思います。
鏡餅は包丁などで切らずに手で割るか、小槌で割ってお雑煮やお汁粉としていただきます。
ストーブのおきで焼いてお雑煮にして、締めはお汁粉にしました。小さいかけらは干しておかきにしていただこうと思います。
お正月のお下がりも、こうして楽しむことができるように工夫する民族は素晴らしいと思います。

 


2018年お正月

新年 2018年1月1日(月)

グレゴリオ暦2018年がはじまりました。
新暦のお正月ですね。
本年もどうぞよろしくお月愛のほど、お願い申し上げます。
2018年お正月

 >2017年12月